Header ImageTopへ  ごあいさつ  

【船で】

  カテゴリ: [松本愛子ブログ]  2019/09/02

 
札幌に向かっています。
 
今回初めて、船内で小さいコンサートが開かれていて、フルートの二重奏。
 
爽やかな音が心地よく、
船旅を癒してくれました。
 
音程もしっかりして上手な演奏でした(^^)
 
職業病で、頭の中に2旋律の楽譜が出てきてしまい、直ぐに譜面に落とせる自分が居て、(嫌な頭です)
 
もっと純粋に二人の演奏を楽しみたい!
とそちら側に何とかシフトしようと努力しました。
 
でも、生の音はいいですね。
 
CDやデジタルでは感じられない心地よさがある。
 
普段、音を出すばかりなので、
こうして人が出している音を聴いていると
改めてアナログであることの大切さを実感します。
 
コンサートホールも素晴らしいですが、昔と違って、音響設備、マイク、皆、生音でないものが響き渡っている現代。
 
そばで聞こえる生音の素晴らしさ。
 
やわらかく心地よいこと。
それは例えば、生まれたての赤ん坊を抱きかかえているのと同じく。
 
娯楽と呼ばれる音の世界。
確かに楽しい世界。
 
機械を通したデジタルなその世界は、
体のどこにどんな風に響いているのでしょう。。
 
そんなことも感じながら、
コンサートは、あっという間に終わりました。
 
音って大事ですね。
 
生音を耳にして、
何だかホッとしました。
 
これから下船です。
 
皆さんにお会いできるのが楽しみです。
 
息子たちを育んでくれた北海道。
私も、その大地のパワーに癒やされ、
群馬とその他とも往復した1825日(2011年~2016年)に、(毎週行き来しました)
心から感謝しています。
 
何事も、やってみないとわからない。
命をどう燃やすのか。
ポカンと口を開けて、棚からぼた餅が降ってくるのを
待っていては、起こらずに数十年の我々の命は終わってしまう。
 
私が20歳の時に、初恋の人を癌で失ってから、
そんな風に、より悟って生きてきました。
 
相手に告げずに、行動せずに終わってしまった後悔。
 
強い意志と行動力の裏には、
そんな悟りがあって。
自分を自分で幸せにできるかも
自分の手ひとつにかかっている。
 
私はそう思います。
 
みんなお金で換算しようとしているけれど、
お金では買えないものの方が沢山あるのです。
 
信頼も積み重ねも含めた、
究極の愛は、一生かかっても消化しきれない、
本当の財産であることを、
本物の日本人は知っています。
 
私も本物の日本人であり続けたい、
そう思います。
P_20190901_183521
昨日の夕日
綺麗でした。



コメントを残す

copyright (c) CosmoHeart Music Academy all rights reserved 2016   Powered by WordPress