Header ImageTopへ  ごあいさつ  

【なだれのごとくに】

  カテゴリ: [松本愛子ブログ, 発声法について]  2017/05/03

 
5月に入り、
脱兎の如く、皆んな、船に乗り込み、
それぞれの船が港を離れて出発したのを、
この目で確認する、
そんな日々が続いています。
 
もう、移り乗り換えることは出来ないので、
後悔する人、割り切る人、それぞれの人間劇場を、
脳裏で確認している、という内容です。
 
 
さよーなーらー、さよなーらー(笑)
 
そのため、最近は、一期一会の出逢いに、
毎回、感動しています。
 
何を大事に生きるのか?
 
それぞれの選択によって、
それぞれの船が決まっています。
 
 
お腹に入った赤ん坊は、
必ず産む(外に出す)ことになります。
 
覚悟が悪いと、相当な難産になり、
出産の模様は、それぞれの生き様により、
ストーリーも、もう既に決まっているんですね。
 
子供を宿し、産み、育てる、
とは、=覚悟の仕方で、全く千差万別のドラマが表現されます。
 
覚悟が決まると、
意志は、押し込めて発動すること無く、
黙っていても抜け出ていき、実現します。
 
体でトレーニングをすることは、
必要不可欠。
 
自由自在に自分の声を、体全てを楽器にして、
強弱は当たり前に、どの様に表現すれば、必ず、
思う通りに響かせられるのか、
どの様なキャパシティーの中で、
どれ程の声量で、たとえ、自分の声が聞こえなかろうとも、
(感覚のみで)どの様に届けるのか、
それができる様になることは、
全てを網羅できることと直結しています。
 
生半可な普通のトレーニングでは、
または、自分が勘違いしてしまった到達点では、
その様なものは実現することは出来ないです。
 
 
思いもよらぬ(馬鹿らしい)方法で、
目から鱗で、
 
脱皮してゆく。。。(笑)
 
 
「最近の人たちは、堪え性が無いのよね」
声楽の師匠、故 榎本玲子先生の言葉が響きます。
 
堪え性が無い、、、
苦しく、厳しいトレーニングでは、
すぐ、放棄してしまう堪え性の無い我々現代人。
 
だから30年かけて開発していくことになったんだと思います。
 
馬鹿らしくて、笑ってしまって、
体も緩んで、まごごろの自分が、
気がついたらそこにいる、
そんなやり方の私のメソッド。
 
普通のやり方じゃありません。
 
そういうぬけみちをされたい方が、
レッスンやワークに日々、いらっしゃいます。
 
本年度は、北海道も、関西(京都や神戸)も、
レッスンに赴きますので、
皆さんにお会いできますね。
 
 
よいゴールデンウィーク後半を、
お過ごしください(^^)〜♪〜♪〜♪



コメントを残す

copyright (c) CosmoHeart Music Academy all rights reserved 2016   Powered by WordPress