top of page

2023年7月21日

ーあの時のあの曲ー


私は今、弾いているショパン


あの時に毎日のように聴いていたショパン


もうこの素敵なこの曲は(テクニックもトレーニングも何もかも不足していて!それは、歌を声楽を発声を極めようとしているのでピアノをさらうことを断念していた私の時)

私の手で弾くことはないんだな、と手のひらの薄くなった筋肉を触りながら、心の底から悲しくでも真に癒された曲。

(色んな演奏者の録音を聴いていました)


まさか、四半世紀以上経ち、

また、その音を自分の手で出そうとして、この数年のトレーニングで、少しずつショパンを奏でようとしている自分がいるとは!


どれほどの感動が自分の中で毎回湧き上がる思いが音から来るのか


悲しみを乗り越えて、また、それ以上に(以前の)わかりながら音を出すことの感謝は、同じ経験をされた方にはきっと伝わることで、そうでなくても、何かを感じるのが人だと思う。


そういう音を海外でも通用するその音楽を!教えてくださる師に私はいつも深く感謝している。

何故なら、私は師匠を亡くしている経験もあって、本当のことを教えてくださることがどれだけ有り難いのか、よく知っているから。


深い深い長さの味わいは、

私の真の至福の時。


秋はそれらも表現したいです。


がんばります。

最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page