top of page

2023年8月16日

ー絆ー


正しい師弟関係ほど親子以上の絆が結ばれていることは無い。


お盆は、ソプラノの榎本玲子先生のご命日で、

この暑い時期が来ると、

先生の菩提寺の住職様とさせていただいたお葬儀(演奏をさせていただきました)を、

私は必ず思い出す。


先生との信頼関係は、技術以上に、人としても、私にとっての大きな財産となっていて、

今も、先生に依存することなく、励もうと自分に課している。


していただいたご恩は一生であり、

それはそれ、あれはあれ、

では、軸の無い老化の道となることと思う。


そして、先生からも、人の品格や生きる場の違いも教わることができたことが、本当によかったと今日も心から思う。


どれだけセレブや権力があっても、おごらず、自分を律して磨くこと専念することが大切であることも、先生から教わった。


先生は、

「私だってね、そういう環境で、有閑マダムも簡単にできるのよ。でも、それをやっても自分のためにならないから怠けないでやるの。それを生徒さんたちにも毎回言ってるんだけど、みんな、ご主人の稼ぎに甘えて怠けるから、ちっとも体が歌うように動かせない。いくら食べさせてもらっていたとしても、精神的な自立が大切で、それがなかなかできない。キャリアや素材が素晴らしくても、自分を磨いてお勉強もしないから歌えなくなってしまって…もったいない。」と、おっしゃっていた。


そして、

「一生勉強よ。マリアカラスも言ってたでしょう?」

と、観音様のようなお顔で朗らかに笑いながらレッスンしてくださったのを、お盆は尚更に思い出す。


ーおかげさまでー


と、感謝の気持ちが私の中に広がる。


人に真に愛されると、

人は本当に強いもの。


私も母として指導者として、

常にそうありたいと思う。


榎本玲子先生のピアノ


今日も大切に使い続けています。


執着でなく

感謝です。

最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page