top of page

2023年9月14日

ーてんでんこー


今は毎日、これからもずっと、てんでんこ。

見えない大津波がざんぶざんぶ。


自分に真剣に向き合って、

後ろ髪引かれている隙無く、

しっかりゆくの。


一瞬でも諦めたら、

ハイ、おしまい。


甘い見立ては命取り。



私は、そう教わりましたよ。

私を本当に愛してくれる人たちから、

ね(^_-)


私もひとりで逃げるから、

愛子ちゃんも後ろ髪引かれないで、

一目散に高台に逃げてね、と。


その時は、自分を人でなし、と思う必要は無い。

それだけ生きる、本気で生きないと、

生き抜いていけないよ、ということでしたね。


てんでんこ


東北人だったら知ってます。


うちのカエルも必死に生きてます。

親カエル。

子もいます。


みんな、それぞれの場所で(場所違います)

しっかり生きてます。


最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page