top of page

2024年1月19日

~ぼやぼやしてると節分が来ちゃう(笑)~


気がつけば、

1月も残り10日。


閉じ込めるのか、

しっかり吐き出すのか。



仮に日々閉じ込めたとしても息ができるのも一時のこと。


今はまた、早いのでバケツの水はあっという間に一杯になって溢れ出す。


求められるのは、

過酷な現場で命、蘇生にも関わるお仕事を、自身も今やっているか?

という100%


浮かれポンチは、

完全に心入れ替えることなのか、

と、毎日の仕事の取り組みでも、

私でさえも、見えてくる。


だから、

必死にお母さんは息子娘にしっかり向き合って、本気で生きてゆくことが必須なのね。


親や他人に任せても、

必ずその結果を受け取るときも訪れる。


苦労は逃げずに最初からやる。


出来ない、と立派な理由を並べてやらないと、後でとっても大変ですね。


やっていないことは出せもしないし、

晩年、とても苦しい。


損したとかあの人は…

とか、

違う土俵なのに同じレベルのように勘違いして比べてなんぼも、

早いところ見切って、

やるべきことを素直にやる方がいいです。


たとえ、他人が中身がわからなくて、悪口を叩かれたとしても、腐れずちゃんとやることかな。


音楽は本当に、そこも正直。

パッと見てもすぐわかる。


全部丸見えですので、

がんばりましょう!♪


ただやればいいだけですから(笑)







最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page