top of page

2024年1月26日

ー臨機応変に初志貫徹するー


自分でこれをやってこなかったケースは困った場面になると精神錯乱起こして、既成事実や虚言まで出し始め、ついては本物のお病気に発展してしまうもの。


自己確立が無いままに、

この数多あらゆる情報社会で人の顔色伺いで生きてしまうと、自己崩壊するのは当たり前で。


何事も人任せ(人のせい)では、

判断力も精神力も育たず、

ついては生死にまで直結する。


すべては「自分」なんだと「わかって」発言もしなければ、生きてゆくのもままならない現実。


誰も助けてくれないのが当たり前なんだから、人として、生きたければ、自分に甘くしないことが必須になってくる。


「あなたのせいで」

と言っている様ではもう既に終わっていて、

勝てない努力を続ける愚者を自らが受け取っているのが本当の姿。


やってあげる

甘やかす

堕落させる…

簡単なことだけれど、

自分でやらせる

やるべきことさせる…

等は、自身も問われることなので、

大概が逃げて全体性として馴れ合いだけの社会が出来上がってしまったのが今の日本の現状であろう。


そこに埋没するか、自分を律してちゃんとやるか、2択しかない訳で、天国か地獄か、とも言えることかもしれない。


便利さ心地よさも使いこなしながら、

臨機応変、初志貫徹し続けてゆくというのは並みの精神力ではない。


しかし、今、それ必須となった世の中。


津波大波小波に流されず、

生まれてきた目的を果たし、

肉体を脱ぐまで正しく努力し続けるのは、なかなかであると私の様な凡人すら思う。


今日も津波大波小波沢山の中を、

皆さんで本物の波乗りをしてゆきましょう。


苦しくとも楽しい。


これ、基本。



最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page