top of page

2024年1月9日

ーホントのことはお天道様も知ってるー


引きずられてホントじゃないことで進んでも、やっぱり必ずその蒔き続けた種の結果を受け取る時は来る。


どんな人にもそれは来る。


人の一生は辻褄が合っていて、

不平等な現実のスタートから全ては始まっていて。


キーは、全て自分に原因があると「わかって」生きることができるかどうかにあり。


私も母のお腹に宿って間もなく死刑宣告を受け、奇跡的に生きることができた命なので、どれほど鍛えられて今に至るかは、やった者でなければわからないのが本質的なことだと思う。


それぞれがそれぞれに今生きているのであれば、本当に奇跡的であるということに気づけるかどうか。


音の世界も一期一会で、同じくその瞬間の一つの火花でしかない表現でもある。


だからこそ、その時に奏でられる音楽は美しく価値があるもの。


どれだけ美しさを追究できるのか、それは生きることとも等しく、「究極の感謝」である。


今一度、自分の足元をしっかりよく見て、

今のありのままの自分、生かされている自分の本当に感謝をしよう。


あなたの他に、ホントのことは、少なくともお天道様も全てわかっているのだし。


外側に求める必要もなく、自分の世界を持っていること=真の強さであること。

私も音楽の世界でそれを知りました。


最新記事

2024年2月28日

昨晩、群馬に戻りました。 今回の札幌は、よい研修とお仕事の時間でした。 3月目前にして納めるべき色々も有無を言わさず終了し、同時に古い色々もゼロになってゆきました。 これから生きるのも至難の中となりますが、本気でやり抜く方々がいらっしゃるので、私もどんどんゆかねば!と思います。 音と共に自身を磨く。 群馬は今日晴天。 バリバリやりましょう😊

2024年2月26日

ー想像力ー 実践的経験こそ役に立つ本質が生きる基本であり、いくら想像力等磨いても本当にはならないのを私も痛い程味わってきたわけですが、 思いやりの表現においても、程度や中身は、その辺りの背景もそれぞれに大変な違いが出てくるのが当然で、その足並みを揃えることは不毛なことと言えます。 本当の思いやりは、対象が真に自立して花を咲かせ進化させるそのための手入れであり、しかも、その導きも固定させた手入れであ

2024年2月24日

ー驚きと喜びー 昨晩は声を出していただいて、飛び上がる驚き、そして嬉しさが私の中を駆け抜け、思わず2フレーズ目で音楽をとめて、お話しする場面があった。 それは80代の札幌(まほろばコーラスから)の生徒さんの声。 彼女は音程も声も、確かに皆さんと歌っていてもいつも全く違うもの、どれだけ様々な方法で個別に正確な音を教えても正しい音程でどのフレーズも!歌えなかった。 ご自分でも、「先生、私皆さんにご迷惑

bottom of page